ドライアイになるどうして頭痛になる?ドライアイと頭痛の関係

ドライアイになるどうして頭痛になる?ドライアイと頭痛の関係

 

ドライアイと頭痛には密接な関係が。あなたのその頭痛、ドライアイが原因かも。

 

 

 

 

目が疲れると頭が痛くなるってよく言いますよね。

 

その頭痛は、ドライアイが原因かもしれません。

 

今回は目の疲れ・ドライアイと頭痛の関係にフォーカスしてお伝えします。

 

 

 

ドライアイの原因としての目の疲れ

 

ドライアイの症状として一番最初にあげられるのは目の乾きですが。

 

それ以外にも目のかすみや眼精疲労など、意外な症状もたくさん出ます。

 

そのドライアイの症状のひとつとして、目の疲れもあげられます。

 

毎日長時間パソコンの画面に集中していたり、読書に励んでいたり。

 

休みの日にはついついスマホのゲームに夢中になってしまうことだってありますよね。

 

そんなことをしているうちにどんどん目は疲れていきます。

 

 

 

目の疲れと頭痛

 

 

 

目の疲れが日々回復することなくたまっていくと大変なことになります。

 

眼神経、いわゆる目の神経が常時使用されていることになり、慢性的な眼精疲労を起こしてしまいます。

 

この目の疲れがたまった状態が続くと眼精疲労になり、眼神経が悲鳴をあげて頭痛を起こしてしまいます。

 

目の疲れからなる頭痛

 

緊張型頭痛

 

目の疲れが原因でなる頭痛です。
目の疲れが引き起こすストレスが原因で主に後頭部の筋肉が凝り固まってしまう症状です。
この頭の筋肉の緊張から頭痛が起こります。
マッサージや入浴など筋肉の緊張がほぐれ、ストレス発散すれば和らぐでしょう。

 

 

 

他にも偏頭痛や群発頭痛など目の奥に痛みを抱える頭痛はあります。

 

しかし、ドライアイや目の疲れとは関係のないことが頭痛の原因の場合のほうが多いです。

 

たとえば、遺伝であったり精神的ストレスであったり多岐にわたります。

 

この場合の頭痛は、マッサージや入浴などをすると返って逆効果の場合もあります。

 

おかしいなと思ったら、すぐに病院に行ったほうがいいです。

 

日々の肉体的ストレスや精神的ストレスが、自律神経失調につながり、頭痛につながっている場合もあります。

 

ドライアイによる頭痛は簡単な対処で楽になりますが、そういった偏頭痛や群発頭痛は慢性的な症状となってしまいます。

 

 

 

ドライアイと頭痛まとめ

ドライアイの原因である目の疲れ・眼精疲労が頭痛の原因になる。
目の疲れが眼神経にたまり眼精疲労となる。
頭痛の原因はドライアイだけではない。